ホーム » カテゴリ » ページ

他社借入件数について

生活していく上で様々なところからお金を借りているかと思います。 住宅を買う、車を買う、支払いが現金でなければローンを受ける必要がありますし、目的がある購入以外でも漠然とした理由で融資を受けるしか術がない生活状況があるでしょう。 そして新たにお金を借りる場合、情報として申請しなければならないのが他社からの借入件数です。 例えば、無担保でお金を借りる方法では、日本人の10人に一人は活用しているのがサービスが進んでいるカードローンになります。 その時に必要になる情報が他社借入件数になりますが、カードローンの種類により他社借入件数の括りが異なるので注意が必要です。 基本的にカードローン会社では総量規制の対象になる金融業からの件数が知りたい情報となるのがまず根底にあります。 総量規制が入る借入件数が多いと追加貸付をする事により総量規制以上の借入金額となる恐れがあり、またカードローン会社でも管理が難しくなってしまうのです。 即ち、借入件数が多いユーザーほどリスクの高い顧客になるので借入件数は少ない方が決まってますよね? 住宅ローンやカーローンそして教育ローンなどの目的ローンは総量規制対象外ですがカードローン会社の申込みフォームに申請の記載があればそれも借入件数としてプラスしてください。 クレジットカードのショッピングは借入件数に加算しませんが申し込みページに注釈があれば含める必要があります。 もしもどちらも記載がなければ情報の提供はいりません。審査に通過したいがために借入件数に嘘の件数を提供しても調べればすぐにわかる事なので正直に報告してください。 調べれば借入件数や総借入額がわかるなら何故に教えなければいけないのか…そこは情報の信ぴょう性を問われているのかもしれません。まず個人に対して信頼できないと会社だって簡単にお金を貸してはくれません。 情報センターに問い合わせればすぐさま分かるのだからと、うる覚えのまま借入件数をインプットしない様に心がけましょう。

他社借入件数が増えてきた時の対応

他社借入数が多いと兎角いろいろな方面で個人の信用度ランクを下げる傾向にあります。 信販系やカーローンなど新たなローンを組む時の妨げになり得るので、できるだけ件数を減らす努力が必要です。 例えば簡単に借入件数を減らせるおまとめローンという商品がありますがおまとめローンに申し込みする場合に必ずメリットがあるかどうか調べる必要があります。 仮にあなたが現在の法定金利以上の借入先から返済をしているならおまとめローンはおすすめできません。 おまとめローンで他社借入件数を減らしたいなら現在の金利が法定金利なのかを確認する必要があります。 そこで法定金利であると確かめたら上限金利が低いカードローンでおまとめをして他社借入件数を減らしてください。 他社借入件数を少なくするには解約する行動が必要になります。 おまとめ後に他社の利用していないカードローンやクレジットカードなどすぐに解約手続きをしてください。そのまま解約しないで放置すると他社借入件数として減る事はありません。 現在の借入件数に計上されませんが、例え借入残高0円でも多方面の審査にマイナスに働く事があります。